Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密文書を段ボール箱ごと一括処理できる破砕機

明光商会は、機密書類を段ボール箱ごと一括処理可能な破砕機「MSC-1000」「MSC-2000」を9月より発売開始する。

同製品は、紙専用の破砕機。コンパクトな設計ながら、機密文書を段ボール箱ごと破砕処理できる。MSC-1000は、1時間あたり1トン、MSC-2000は2トンの破砕処理能力を実現したという。

また、設備環境に応じたカスタマイズも可能で、オプションで投入コンベアや排出コンベア、排出後に紙くずを圧縮するベーラーマシンとの連結なども可能。

保守やメンテナンスは同社グループ会社が対応するなど、アフターサービスも提供する。価格は、MSC-1000が1296万円。MSC-2000が1620万円。

(Security NEXT - 2014/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金