Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学職員のメールアカウントがフィッシングで詐取 - スパム送信の踏み台に

岐阜県立看護大学は、職員のウェブメールのアカウントを詐取され、迷惑メール送信に不正利用されていたことを公表した。

同大によれば、職員は5月13日に、同大学が利用しているウェブメールの管理者を騙ったフィッシングメールから偽サイトにアクセス。メールアカウントのユーザー名とパスワードを入力してしまったという。

その後、詐取されたアカウントにより同大学のメールサーバに不正アクセスがあり、同職員のメールアドレスから迷惑メールが大量に送信される被害が発生した。

同大学ではパスワードを変更するとともに、フィッシングサイトへのアクセスを制限。職員や学生に対して注意を喚起した。またメールサーバ以外のシステムに関しては、侵入や改ざん、情報流出などについて否定している。

(Security NEXT - 2014/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に