Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、ウェブ経由のログインにOTPを導入

ニフティは、「なりすまし」といった不正ログインを防止するため、「@nifty」のログイン認証を多要素認証に対応させた。

同サービスのウェブブラウザにおけるログイン認証にワンタイムパスワードを導入したもの。従来のアカウント情報で認証を行ったあとに、ワンタイムパスワードを求めることで、「なりすまし」など、不正ログインを防止する。

ワンタイムパスワードは、iOSやAndroid向けに提供する専用のスマートフォンアプリのほか、メールアドレスで受信することが可能。またワンタイムパスワードにより認証を行った端末は、次回以降ワンタイムパスワードの入力を省略できる。

なお、@niftyツールバーや、スマートフォン、タブレット向けアプリのログインは対象外。

(Security NEXT - 2014/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ