Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FJM、中小企業向けクラウド型セキュリティサービス「BSTS」を拡充

富士通マーケティングは、中小企業向けのクラウド型セキュリティサービス「BSTS」のラインナップを拡充し、3月より提供開始する。

同社では従来より、シマンテックのマルウェア対策製品をクラウド提供するセキュリティサービスとして「BSTS」を提供しており、今回あらたにラインナップを拡充した。

追加したのはサービス3種で、パソコンやモバイル端末のポリシーを一括管理する「資産管理」をはじめ、ウェブアクセスを制限する「Webフィルタリング」、ウェブサイトの改ざんを検知する「Web改ざん検知」を提供。クラウドサービスのため、月額課金でサーバを用意せずに利用できる。

また、セキュリティ人材不足の中小企業をサポートするため、100人体制の「FJMセキュリティサポートセンター」を新設。顧客企業のインシデント対応のほか、セキュリティ診断、コンサルティング、セキュリティポリシー策定、セキュリティ教育などを提供する。

(Security NEXT - 2014/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード