Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本造血細胞移植学会の会員リストを紛失 - JTBグループ会社

日本造血細胞移植学会の会員に関する個人情報約3300件が記載されたリストを、総会の運営委託先であるJTBコミュニケーションズが紛失していたことがわかった。

所在がわからなくなっているのは、沖縄コンベンションセンターで開催されていた「第36回日本造血細胞移植学会総会」の当日登録時の確認用に用意していた会員リスト。総会会期中の3月7日夕方に紛失が判明した。

紛失したのは、会員の氏名、会員番号、所属施設、年会費払込状況など会員情報約3300件が記載されていた51ページにわたるリスト。学会では関連する会員へ説明を行っている。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
患者の個人情報含むPCが院内で所在不明に - 山形県立中央病院
成績情報含むファイルを学外に誤送信 - 千葉工業大
入試問題案や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪教育大
薬剤科見学会参加者への連絡メールを誤送信 - 都立病院
1年前に医師が患者情報を紛失、匿名で届き発覚 - 広島病院
学会配布の麻酔台帳ソフトに患者情報が混入 - バグ修正時のデータが残存
患者の医療情報含むUSBメモリを紛失 - 堺市立総合医療センター
出産した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 日赤