Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駅舎見学会の応募者情報が流出、フォーム設定ミスで - 越前市

福井県越前市は、イベントの参加者募集において応募フォームより応募者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同市によれば、越前たけふ駅駅舎見学会&レールウォークの参加者募集において、委託業者がGoogleフォームを用いて設置したインターネット上の参加応募フォームにおいて応募者に関する個人情報が閲覧できる状態となっていたもの。2月17日に住民より電話で指摘があり問題が判明した。

1月31日20時ごろから2月17日9時前まで、応募を行った代表者50人と同行者82人に関する個人情報が、申し込みの完了画面より閲覧可能だった。応募代表者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、年代のほか、同行者の氏名、居住市町、年代が含まれる。

応募入力フォームの設定ミスが原因だった。同市では応募フォームの公開を一時停止し、改修した上で募集を再開した。また関係者を個別に訪問し、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応