Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧会員名簿がネット検索可能に、設定不備で - プラズマ・核融合学会

プラズマ・核融合学会は、2002年当時の会員名簿ファイルが漏洩したことを明らかにした。

同学会によれば、2002年時点での旧会員を含む会員情報がインターネットに公開されており、検索できる状態となっていたもの。2023年12月5日に旧会員から指摘があり判明した。

3262人の氏名、連絡先、学会会員番号、所属などの情報が含まれる。サーバにデータが保存されたままとなっており、2023年7月29日に機種の更新を行った際に設定の不備があったという。

同団体ではサーバをネットワークから切り離し、会員名簿ファイルを削除。検索サイトにキャッシュの削除を依頼し、12月27日までに削除されたことを確認した。また12月8日に個人情報保護委員会へ報告を行っている。

(Security NEXT - 2024/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県