Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でメールを誤送信、個人情報リストを添付 - 大阪市

大阪市が推進する大阪トップランナー育成事業の業務委託先においてメールの送信ミスがあり、個人情報を含む送信先リストを誤って添付して送信していたことがわかった。

同市によれば、2月28日13時半過ぎに、「成長産業分野における事業化プロジェクト支援事業(大阪トップランナー育成事業)」を受託する事業者が、別の事業の登録会員に同事業への加入を案内するメールを送信したが、誤って個人情報を保存したファイルを添付し、送信したという。

問題ファイルには、「スマートエネルギー活用ビジネスフォーラム」の登録会員120人の氏名とメールアドレスがCSV形式で記載されていた。3月5日に受信者から返信されたメールに同ファイルが添付されていたことで、誤送信に気付いたという。

同市では対象となる会員に謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。また委託業者に対し、メール送信時のダブルチェックを徹底するよう指導したという。

(Security NEXT - 2014/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大