Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でメールを誤送信、個人情報リストを添付 - 大阪市

大阪市が推進する大阪トップランナー育成事業の業務委託先においてメールの送信ミスがあり、個人情報を含む送信先リストを誤って添付して送信していたことがわかった。

同市によれば、2月28日13時半過ぎに、「成長産業分野における事業化プロジェクト支援事業(大阪トップランナー育成事業)」を受託する事業者が、別の事業の登録会員に同事業への加入を案内するメールを送信したが、誤って個人情報を保存したファイルを添付し、送信したという。

問題ファイルには、「スマートエネルギー活用ビジネスフォーラム」の登録会員120人の氏名とメールアドレスがCSV形式で記載されていた。3月5日に受信者から返信されたメールに同ファイルが添付されていたことで、誤送信に気付いたという。

同市では対象となる会員に謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。また委託業者に対し、メール送信時のダブルチェックを徹底するよう指導したという。

(Security NEXT - 2014/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
個人情報含むファイルをメール誤送信 - 香川大
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力
受験許可証を異なる受験者へメール送信、システム設定ミスで - 英検
動物取扱責任者の変更届出書などを紛失 - 大阪府
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン