Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、情報セキュリティの普及啓発用ロゴマークを公開

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、情報セキュリティの普及啓発活動の一環としてロゴマークを作成、公開した。

20140123ni_001.jpg
ロゴマーク。キャッチフレーズ入りのマークも用意している

今回公開したロゴマークは、普及啓発活動のキャッチフレーズとなっている「知る・守る・続ける」に対応させたデザインを採用。

地球をモチーフに、情報を冷静に理解して知ることをイメージした「青」、情報セキュリティの脅威から身を守る「緑」、情熱を持って続ける「赤」をあしらった。

使用規約に同意し、使用届出書を提出すれば、イベントのポスターやパンフレット、ウェブサイトなどへ利用することが可能で、同センターでは情報セキュリティの普及啓発に関連する様々な広報に活用してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュリティ啓発動画コンテストの結果を発表 - トレンド
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC