Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、情報セキュリティの普及啓発用ロゴマークを公開

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、情報セキュリティの普及啓発活動の一環としてロゴマークを作成、公開した。

20140123ni_001.jpg
ロゴマーク。キャッチフレーズ入りのマークも用意している

今回公開したロゴマークは、普及啓発活動のキャッチフレーズとなっている「知る・守る・続ける」に対応させたデザインを採用。

地球をモチーフに、情報を冷静に理解して知ることをイメージした「青」、情報セキュリティの脅威から身を守る「緑」、情熱を持って続ける「赤」をあしらった。

使用規約に同意し、使用届出書を提出すれば、イベントのポスターやパンフレット、ウェブサイトなどへ利用することが可能で、同センターでは情報セキュリティの普及啓発に関連する様々な広報に活用してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宣伝文句「血糖値の高い方におすすめ」のどこに問題? - 「ネットの罠体験ショップ」が公開
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン」がスタート - 賛同企業も募集中
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場