Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、暗号技術やサイバー攻撃対策などの研究成果を紹介するシンポジウム

情報通信研究機構(NICT)は、2月13日に都内で情報通信セキュリティシンポジウムを開催する。テーマは「情報セキュリティ技術の現状と今後」。

同イベントは、NICTのネットワークセキュリティ研究所(NSRI)とサイバー攻撃対策総合研究センター(CYREC)における研究成果を紹介するシンポジウム。

同機構関係者のほか、外部専門家を招き、暗号プロトコルの安全性評価やネットワークセキュリティ研究に関する講演を予定している。

参加費は無料。参加には事前登録が必要で、申し込みはウェブサイトより受け付けている。詳細はシンポジウムの説明ページから。

(Security NEXT - 2014/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
【特別企画】セキュアなIoT活用の重要性が問われる時代に - 安田浩氏
認定個人情報保護団体の活動を紹介するシンポジウム - 個人情報保護委
JSSEC、スマホやIoTのセキュリティをテーマとしたシンポジウムを開催
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
重要インフラのセキュリティ確保に向けたシンポジウム
【特別企画】「大学生」と「社会人」が本音でトーク! ネット利用のギャップとセキュリティ
【特別企画】デジタルネイティブの新社会人、企業はいかに向きあうべきか
【特別企画】「セキュリティ赤ちゃん国」の日本、人材育成と意識改革がカギ