Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市

福島県会津若松市は、ゼロカーボンシティ会津若松推進ネットワークの会員へ送信したシンポジウム案内メールにおいて送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、5月2日10時前、ゼロカーボンシティ会津若松推進ネットワークの会員に対し、ごみ減量シンポジウムの開催案内メールを送信した際、送信先を誤って宛先に設定するミスがあり、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

送信先は113件で、そのうち23件はエラーで送信できなかったとしている。誤送信から約15分後に担当者がミスに気づいた。

同市では同日、対象となる会員に対しメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2024/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom