Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始

2023年2月に開催されるシンポジウム「SECCON 2022電脳会議」のイベント内カンファレンス「SECCON Open Conference」「BSides Tokyo」では、講演者の募集を開始した。

「SECCON 2022電脳会議」は、2023年2月11日および12日に都内で開催を予定している国内最大規模のセキュリティコンテスト「SECCON CTF 2022」の決勝とあわせて併催されるシンポジウム。

SECCONでは、これまでも自作ツールなどを発表する場として「SECCON Yorozu」を提供してきたが、今回は「SECCON Open Conference」を用意。セキュリティに関する技術的な知見や、業務の効率化を支援する自作ツールなどの発表者を募集している。

さらに今回は、セキュリティコミュニティ主導のもと展開されているカンファレンスイベント「BSides」の日本版「BSides Tokyo」についても、「SECCON 2022電脳会議」内で開催されることとなり、講演の募集を開始した。募集期間、募集要項など詳細については各イベントのCFPページなどを参照のこと。

またSECCON実行委員会では、11月19日に「SECCONCON」をオンラインで開催する。

「SECCON Contest of Contest」へ応募された競技やコンテストの企画案、設計案を実際に実施するイベントで、「ロバストL1通信競争」「人間Cコンパイラコンテスト」「バイナリ駄洒落」などの競技を実施する予定。

(Security NEXT - 2022/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も