Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内セキュリティソフト市場規模は2024億円 - 前年比6.2%増

IDC Japanは、国内セキュリティ製品の市場規模と2017年までの成長予測を発表した。

同社のレポートによると、国内セキュリティ製品市場のうちセキュリティ対策ソフトにおける2013年の市場規模は2024億円。エンドポイントセキュリティやウェブセキュリティ、アイデンティティやアクセス管理製品の需要が市場を活性化させ、前年比6.2%増と堅調だった。

2014年以降は、クラウドサービスやモバイルの利用拡大、標的型攻撃の増加により、引き続き需要が見込めるとしており、2017年までの年間平均成長率を4.5%、2017年の市場規模を2381億円と算出している。

SaaS型セキュリティ対策ソフトの市場規模は、2013年は前年比18.8%増の105億円。規模は小さいながらも大きな伸びを見せている。2014年以降も市場の拡大傾向は続き、とくに運用管理負荷の軽減や災害時の事業継続に対する需要の高まりから、2017年には市場規模168億円、年間平均成長率を13.8%と予測している。

セキュリティアプライアンス市場における2013年の市場規模は357億円。前年比10.9%増と二桁台の成長を確保した。2014年以降は、ゼロデイ攻撃対策として「ファイアウォール」「UTM」「IDS」「IPS」などの需要が拡大するほか、モバイル機器の普及でリモートアクセスネットワークのセキュリティ基盤強化も求められると分析。年間平均成長率は6.3%で、2017年の市場規模を437億円へ拡大すると見ている。

(Security NEXT - 2013/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
2018年の国内セキュリティソフト市場、前年比3%増見込み