Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増

ITRは、2020年度における国内ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の市場動向を取りまとめた。

同社によると、2020年度の市場規模は104億9000万円。前年度の91億円から15.9%増と堅調に推移し、大台を突破した。2021年度は、前年度比20.3%増とさらに好調で126億2000万円になると予測している。

2020年度から2025年度の年平均成長率は10.5%を確保。2025年度の市場規模を173億円と予想している。

同分野の成長理由について同社は、コロナ禍によってウェブサービスへの依存度が高まる一方でウェブアプリケーションの脆弱性を狙ったサイバー攻撃が増加していると指摘。セキュリティ対策の一貫として、業種や規模を問わず必要性が高まっているとしている。

(Security NEXT - 2022/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター