Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増

ITRは、2020年度における国内ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の市場動向を取りまとめた。

同社によると、2020年度の市場規模は104億9000万円。前年度の91億円から15.9%増と堅調に推移し、大台を突破した。2021年度は、前年度比20.3%増とさらに好調で126億2000万円になると予測している。

2020年度から2025年度の年平均成長率は10.5%を確保。2025年度の市場規模を173億円と予想している。

同分野の成長理由について同社は、コロナ禍によってウェブサービスへの依存度が高まる一方でウェブアプリケーションの脆弱性を狙ったサイバー攻撃が増加していると指摘。セキュリティ対策の一貫として、業種や規模を問わず必要性が高まっているとしている。

(Security NEXT - 2022/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与