Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」

IDC Japanは、国内における情報ガバナンスおよびコンプライアンス分野の市場動向について調査を実施し、結果を取りまとめた。

同社では、「DLP」「エンドポイント暗号化」「鍵管理」「ID管理」「セキュアメッセージング」「eディスカバリ」「セキュアなドキュメント共有、コラボレーション」について、情報ガバナンスおよびコンプライアンス分野として定義しており、これら市場の実績や今後の成長について予測した。

2019年の市場規模は440億円。2019年から2024年までの年間平均成長率を2.5%とし、2024年の市場規模を498億円と予測した。

さらに同市場における「DLP」「暗号化、鍵管理」「eディスカバリーソフトウェア」「ID管理」など各分野についても分析を実施。このなかで成長率が比較的高いと予測したのが、「eディスカバリーソフトウェア市場」で、市場規模そのものは大きくないが、2019年の65億円から2024年には85億円に拡大し、年間平均成長率は5.5%を確保すると見ている。

また「暗号化、鍵管理市場」についても年間平均成長率を3.1%とし、2019年の段階で139億円である市場規模が2024年には162億円に成長すると予想した。

2019年の時点で市場規模が181億円の「ID管理」市場については、年間平均成長率は1.4%とやや低調で、2024年の市場規模予想を194億円とした。一方、2019年に市場規模が56億円とされる「DLP」は、導入や運用負荷が高いことを理由に成長が伸び悩んでおり、2024年の市場規模も58億円とほぼ横ばいに推移すると見ている。

(Security NEXT - 2020/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい