Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとKDDIが提携強化 - KDDIは筆頭株主に

ラックは、事業拡大に向けてKDDIと資本および業務面で提携すると発表した。KDDIはあらたにラックの株式25.8%を取得し、筆頭株主となる。

これまで両社は、2007年11月よりセキュリティソリューション分野での業務提携しているが、さらに提携を強化するもので、相互に事業の発展を目指すほか、KDDIでは法人向けサービスを強化する。

資本面では、KDDIがラック創業者の関連会社より25.8%にあたる株式688万9800株を間接的に追加取得。これにより従来からの所有分とあわせて全株式の31.1%にあたる830万4000株を保有することとなり、譲渡完了後は筆頭株主となる。またラックでは、人的交流の一環としてKDDIより人材の受け入れを検討している。

業務面では、ラックのセキュリティサービスをKDDIのクラウドやネットワーク、モバイルなどのサービスへ組み込み、セキュリティ対策の運用を含めてワンストップでサービスを展開していく。

また業務提携のために必要な営業面や技術、情報、リソースを相互に提供。KDDIは、SOC事業の強化や拡充、新サービスの提供など、セキュリティに対するサポート、コンサルティングサービスの拡充なども推進する。

(Security NEXT - 2013/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
留学生や提携校担当者宛のメールで送信ミス - 国際教養大
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
NEC、インターポールとセキュリティ対策で提携
「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky