Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとKDDIが提携強化 - KDDIは筆頭株主に

ラックは、事業拡大に向けてKDDIと資本および業務面で提携すると発表した。KDDIはあらたにラックの株式25.8%を取得し、筆頭株主となる。

これまで両社は、2007年11月よりセキュリティソリューション分野での業務提携しているが、さらに提携を強化するもので、相互に事業の発展を目指すほか、KDDIでは法人向けサービスを強化する。

資本面では、KDDIがラック創業者の関連会社より25.8%にあたる株式688万9800株を間接的に追加取得。これにより従来からの所有分とあわせて全株式の31.1%にあたる830万4000株を保有することとなり、譲渡完了後は筆頭株主となる。またラックでは、人的交流の一環としてKDDIより人材の受け入れを検討している。

業務面では、ラックのセキュリティサービスをKDDIのクラウドやネットワーク、モバイルなどのサービスへ組み込み、セキュリティ対策の運用を含めてワンストップでサービスを展開していく。

また業務提携のために必要な営業面や技術、情報、リソースを相互に提供。KDDIは、SOC事業の強化や拡充、新サービスの提供など、セキュリティに対するサポート、コンサルティングサービスの拡充なども推進する。

(Security NEXT - 2013/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
NHNテコラス、セキュリティ人材の育成サービスを開始 - 制御システムのトレーニングプログラムも
ローン申込者の審査情報を誤って同意なく保証会社へ送信 - イオン銀
メールサーバへの不正アクセス、原因わからず - 優良住宅ローン
昭和シェル石油、約20年前のクレカ会員情報が漏洩する可能性を公表
VプリカへのBitcoin交換サービス - 対応取引所を拡大
イー・ガーディアン、VRコンテンツ向けにセキュリティ対策サービスなど計画