Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとKDDIが提携強化 - KDDIは筆頭株主に

ラックは、事業拡大に向けてKDDIと資本および業務面で提携すると発表した。KDDIはあらたにラックの株式25.8%を取得し、筆頭株主となる。

これまで両社は、2007年11月よりセキュリティソリューション分野での業務提携しているが、さらに提携を強化するもので、相互に事業の発展を目指すほか、KDDIでは法人向けサービスを強化する。

資本面では、KDDIがラック創業者の関連会社より25.8%にあたる株式688万9800株を間接的に追加取得。これにより従来からの所有分とあわせて全株式の31.1%にあたる830万4000株を保有することとなり、譲渡完了後は筆頭株主となる。またラックでは、人的交流の一環としてKDDIより人材の受け入れを検討している。

業務面では、ラックのセキュリティサービスをKDDIのクラウドやネットワーク、モバイルなどのサービスへ組み込み、セキュリティ対策の運用を含めてワンストップでサービスを展開していく。

また業務提携のために必要な営業面や技術、情報、リソースを相互に提供。KDDIは、SOC事業の強化や拡充、新サービスの提供など、セキュリティに対するサポート、コンサルティングサービスの拡充なども推進する。

(Security NEXT - 2013/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
テリロジー、イスラエル投資会社と提携 - 現地ベンチャーとの関係強化
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も