Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、日韓の情報セキュリティ政策などを紹介するシンポジウム

情報処理推進機構(IPA)と韓国インターネット振興院(KISA)は、都内で合同イベント「IPA-KISA日韓情報セキュリティシンポジウム2013」を12月13日に開催する。

同イベントは、両国の情報セキュリティ政策などを紹介するシンポジウム。企業や公共団体の経営者、CIO、情報システム部門、情報セキュリティ担当者などを対象としている。

国内における情報セキュリティ政策やIPAによるサイバー攻撃対策への取り組みのほか、韓国の政策や最近発生したサイバー攻撃、インシデントレスポンスについて紹介する。

定員は240人。締切は、12月12日17時。定員になり次第締め切る。プログラムの詳細や申し込み方法は同機構のページから。

(Security NEXT - 2013/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
重要インフラのセキュリティ確保に向けたシンポジウム
【特別企画】スマホの先にあるIoTやAI時代のセキュリティ - 都内でシンポジウム
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも
JNSA、「日韓情報セキュリティシンポジウム」を都内で開催
子どものセキュリティ教育、年齢近い学生が活躍
子どものスマホ利用とセキュリティがテーマのシンポジウム - JSSEC
「サイバーセキュリティイニシアティブ2016」を開催