Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとDTRS、セキュリティ戦略立案からSOC構築まで対応するサービス

日本ヒューレット・パッカードとデロイトトーマツリスクサービスは、セキュリティリスクコンサルティングサービスを提供開始した。

すでに北米で展開している両社サービスを国内でも提供するもので、日本HPのセキュリティツール「HP ArcSight」とデロイトトーマツリスクサービスの「サイバーセキュリティ戦略立案およびSOC構築支援サービス」を組み合わせ、ワンストップで提供する。

サイバーセキュリティ戦略の立案から、セキュリティオペレーションセンターの構築、セキュリティおよびイベント管理ソリューション(SIEM)の導入などを通じて、企業に求められるセキュリティ対策が多様化や、巧妙化する外部からのサイバー攻撃や内部不正への対策を支援する。

(Security NEXT - 2013/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
日立システムズ、「SHIELD統合SOC」を開設
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
SOCやCSIRTなど「セキュリティ対応組織」向け教科書に第2版
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認