Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとDTRS、セキュリティ戦略立案からSOC構築まで対応するサービス

日本ヒューレット・パッカードとデロイトトーマツリスクサービスは、セキュリティリスクコンサルティングサービスを提供開始した。

すでに北米で展開している両社サービスを国内でも提供するもので、日本HPのセキュリティツール「HP ArcSight」とデロイトトーマツリスクサービスの「サイバーセキュリティ戦略立案およびSOC構築支援サービス」を組み合わせ、ワンストップで提供する。

サイバーセキュリティ戦略の立案から、セキュリティオペレーションセンターの構築、セキュリティおよびイベント管理ソリューション(SIEM)の導入などを通じて、企業に求められるセキュリティ対策が多様化や、巧妙化する外部からのサイバー攻撃や内部不正への対策を支援する。

(Security NEXT - 2013/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス