Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロを装う迷惑メール出回る - メアドの死活チェックが目的か

「トレンドマイクロ」を装ったスパムメールが確認された。たびたび迷惑メールを送信している業者が、メールアドレスの死活状況を調べるために送ったものと見られている。

トレンドマイクロが確認したのは、スパムに狙われていることを警告するスパムメール。自らが迷惑行為であることを棚に上げ、「迷惑メールやウイルスメールの標的になっている可能性がある」などと不安を煽る。

メール本文に記載されたリンクをクリックすると、誘導先のウェブサイトにて「ウイルスは発見されませんでした」とのメッセージを表示する。トレンドマイクロによれば、URLには、リンクをクリックした受信者のメールアドレスを特定できるよう、パラメータが設定されており、メールアドレスの死活状態を確認している可能性があるという。

同社の調べでは、今回スパムメールを送信していたグループは、これまでも複数のドメインを使い分け、迷惑メールを送信。出会い系サイトへ誘導したり、メールアドレスを聞き出す行為を繰り返している。今回悪用されたドメインも、1月5日に取得されたばかりのものだという。

(Security NEXT - 2013/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ