Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WORM_VOBFUS」亜種がFacebookを通じて拡散中

米Trend Microは、ワームがFacebookを通じて拡散しているとして、注意するよう呼びかけている。

11月下旬より「WORM_VOBFUS」の亜種が流通していることから注意喚起したもの。感染活動は米国が中心だが、インドやブラジル、サウジアラビア、タイなどでも広がりを見せている。

同社によれば、同ワームは他マルウェアによるダウンロードやリムーバブルディスク、ネットワークドライブ経由のほか、不正サイト経由で侵入する。Facebook上でも感染目的の投稿が拡散しており、アダルトコンテンツを装ったファイル名で興味を引くという。

感染すると、コマンド&コントロールサーバに接続して通信するほか、「TSPY_BANCOS」をダウンロードし、実行する。さらにリムーバブルディスク上に存在するフォルダとファイルを非表示に変更。それらファイルやフォルダの名称を用いて自身が正規ファイルを装い、開かせて感染を拡大するなど巧妙な細工を施す。

同社では、特に従来と異なる不正活動は見られないものの、感染防止策として、オートラン機能の無効化や最新のセキュリティ対策ソフトを活用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
ネット公開が危険と感じる個人情報は「携帯電話番号」「顔」