Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訓練メールで従業員の意識を高める「標的型メール訓練サービス」

グローバルセキュリティエキスパートは、従業員のセキュリティ意識を高める「標的型メール訓練サービス」を提供開始した。

同サービスは、標的型攻撃メールを模した訓練メールを従業員に送信することで危機意識を高め、実際に攻撃を受けた際のリスクを低減するトレーニングサービス。

訓練メールの添付ファイルやURLを開くと、攻撃メールの危険性や具体的な注意点を教えるウェブサイトに誘導し、セキュリティについて学ぶことができる。

終了後、訓練メールを誤って開いたユーザーや日時を集計したレポートを作成。訓練を複数回実施した場合、結果を比較して効果を確認することもできる。

料金は157万5000円から。規模や実施内容に応じて個別見積もりで対応する。

(Security NEXT - 2012/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL