Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足

東京商工会議所は、「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」を設置し、会員の中小企業向けにセキュリティ支援サービスを提供開始した。

同商工会議所では、これまでも生産性向上に向けて中小企業におけるITの活用を支援する「はじめてIT活用1万社プロジェクト」を展開してきたが、同プロジェクトにあらたなコンソーシアムを設置し、セキュリティ対策支援に乗り出したもの。

同コンソーシアムには、凸版印刷、三菱電機、東京海上日動火災保険、富士フイルムビジネスイノベーション、NTT東日本の5社が参加。

ウェブサイトを通じてマルウェア対策、セキュリティ機器の設置、クラウドセキュリティ強化、ウェブ脆弱性診断、標的型攻撃メール訓練、人材育成、サイバー保険などを会員に提供していく。

(Security NEXT - 2021/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
「セキュリティお助け隊サービス」の登録申請を受付 - IPA
総務省、テレワークの中小企業向けセキュチェックリストを改訂
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて