Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足

東京商工会議所は、「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」を設置し、会員の中小企業向けにセキュリティ支援サービスを提供開始した。

同商工会議所では、これまでも生産性向上に向けて中小企業におけるITの活用を支援する「はじめてIT活用1万社プロジェクト」を展開してきたが、同プロジェクトにあらたなコンソーシアムを設置し、セキュリティ対策支援に乗り出したもの。

同コンソーシアムには、凸版印刷、三菱電機、東京海上日動火災保険、富士フイルムビジネスイノベーション、NTT東日本の5社が参加。

ウェブサイトを通じてマルウェア対策、セキュリティ機器の設置、クラウドセキュリティ強化、ウェブ脆弱性診断、標的型攻撃メール訓練、人材育成、サイバー保険などを会員に提供していく。

(Security NEXT - 2021/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
「WordPress」における不用意な露出に注意 - 攻撃の糸口となることも
「サイバーセキュリティ月間2024」がスタート - 「全員参加」を呼びかけ
ランサムウェア感染組織の平均被害金額は2386万円 - JNSA調査
ランサム被害、中小企業が6割弱 - 暗号化しない脅迫も
「情報セキュリティ白書2023」を7月25日に発売 - PDF版も公開予定
政府が「サイバーセキュリティ2023」を決定 - SBOMを推進、国内製センサーの導入も
企業サイト狙う不正アクセスに注意 - 警察庁ら呼びかけ
中小企業向けセキュリティ対策ガイドラインが約4年ぶりに改訂 - インシデント対応の手引きも
ランサム被害が前年比約1.5倍 - バックアップ取得も復元に難あり