Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給

ラックは、パートナー向けにサイバー保険を付帯したトレーニングサービス「サイバー保険付き標的型攻撃メール訓練 プレミアム」を提供開始した。

同製品は、疑似的な標的型攻撃メールを従業員へ送付する体験学習型の訓練プログラム「ITセキュリティ予防接種」にサイバー保険を付帯したもの。

同社の販売パートナーチャネル向けにOEM供給し、パートナーは自社製品やサービスに組み込んだり、オリジナルサービスとして販売することができる。

損害保険ジャパンを引き受け保険会社とするサイバー保険を付帯。訓練を実施した企業において、サイバー攻撃に関する調査費用をはじめ、復旧や再構築費用、損害賠償金について最大600万円まで補償する。

(Security NEXT - 2020/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
情報漏洩などの事故対応訓練サービス - ニュートン・コンサル