Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、Mac版ウイルスバスターをバージョンアップ - Mountain Lionに対応

トレンドマイクロは、Mac向けセキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスター for Mac バージョン 2.0」を公開した。

同社では、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトにWindows版とMac版を同梱しており、今秋発売予定の次期ウイルスバスターへ同梱するMac向け最新版をひと足早くウェブ上で提供開始したもの。

今回のバージョンアップでは、Appleが7月に公開した最新OS「OS X Mountain Lion」へ対応。ウェブ経由の脅威に対する機能を強化した。

具体的には、「Safari」「Firefox」「Chrome」で利用できる「Trend ツールバー」を用意。検索サイトの検索結果や、FacebookなどSNSで表示されたリンクの安全性を評価。色別に表示する。さらに「URLマニュアルスキャン」機能を利用することで、検索サイトやSNS以外のウェブサイトでもURLの安全性を確認できる。

そのほか、プログラムのチューニングや検索方法の効率化により、前バージョンに比べ、フルスキャンの時間を約50%短縮したという。既存ユーザーは、同社ウェブサイトよりダウンロードして利用できる。

(Security NEXT - 2012/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan