Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正接続防止ツールを機能強化 - 「有線LANアダプタ」の使い回しにも対応

PFUは、ネットワークへ接続されたハードウェアデバイスを検知し、管理外の機器について接続を遮断できる「iNetSec SF」の機能強化を実施し、2024年3月1日より提供を開始する。

同機器は、組織内部のネットワークに接続された機器を「MACアドレス」を用いて識別し、不正な機器を遮断できるセキュリティアプライアンス。「IPv6」にも対応しており、端末の申請、承認の自動化なども行える。

今回の機能強化により「syslog」による連携が可能となった。さらに「NetBIOS」や「MIB(Management Information Base)」を用いた検知機能を実装。LANポートに「MACアドレス」を割り振られたUSB接続の「有線LANアダプタ」を複数機器で使い回された場合なども、「NetBIOS」の変化を検知して警告したり遮断できる。

現状同製品では「VPN」により内部ネットワークへ接続される機器の識別、遮断などには対応していないが、働き方の変革などによって機器が持ち出され、外部から接続されることも増えていることを踏まえ、同社では今後の機能強化にて対応できないか検討を進めているという。

価格は、管理ソフトウェア「iNetSec SFマネージャー」が30万円、「iNetSec SF 510センサー」が22万5000円。別途追加セグメントライセンスなども用意している。既存ユーザーはアップデートにより、新機能を無償で利用することが可能。

(Security NEXT - 2023/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート