Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ

カスペルスキーは、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品「カスペルスキースモールオフィスセキュリティ」の新版を提供開始した。

同製品は、マルウェア対策やデータの暗号化、バックアップ、ブラウザ保護など備えた小規模オフィス向けのセキュリティ対策製品。「Windows」「macOS」「Android」のほか、「Windows」ベースであるファイルサーバの保護に対応しており、ウェブベースの管理コンソールを用意している。

今回リリースした「同8.0」では、パスワードの管理機能を搭載。パスワードの生成機能、使い回しや流出のチェック機能が利用できるほか、メモや画像、PDFファイルの保存に対応している。

価格は、WindowsまたはMac最大5台とAndroid端末5台で利用できる製品が1万4800円。Windowsファイルサーバ1台がくわわった構成で2万8800円。また月額サブスクリプションも用意している。

(Security NEXT - 2020/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
チェック・ポイント、SMB市場向けにUTM2モデルを追加
チェック・ポイント、SMB市場向けUTM「700シリーズ」を発売
マカフィー、中小企業向け総合セキュリティ製品
デル、SMB市場にリモートアクセス製品を投入
バリオセキュア、UTM機器の新製品を発売 - 大塚商会と協業しSMB市場に展開
中小企業向けメールアーカイブアプライアンスを発売 - ピコテクノロジーズ
ISS、中小企業向けネットワーク監視サービスに情報漏えい対策オプションを追加
日本HP、実際に利用している個人情報保護ガイドラインを無償提供