Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意

ログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に深刻な脆弱性「Log4Shell」が明らかとなった問題で、CrowdStrikeはシステム内に同ライブラリが含まれているか検索するための無料ツールをGitHubにて公開した。

今回公開した「CrowdStrike Archive Scan Tool(CAST)」は、「JAR」「WAR」「EAR」「ZIP」形式のファイルを探索し、システムに「Apache Log4j」が内在するか探索できる無料ツール。Linux、macOS、Windows向けのプログラムを用意しており、GitHubより入手できる。

既知の脆弱なリリースに関する約6500件のハッシュ値を用いて検索するしくみで、アーカイブファイルに複数のレベルでネストされている場合も対応するとしている。

開発にあたっては意図的に偽陽性の結果を許容するよう設計したとしており、クラスの削除によって対処されている場合なども痕跡を検知。さらなる調査を必要とするかについては、システム所有者に判断を委ねるとしている。

またスキャン実行時におけるリソース消費などにも配慮。管理者がリソース管理が行えるようシングルスレッドで動作するとしている。

(Security NEXT - 2021/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
米FTC、「Log4j」問題で企業に警告 - 放置による事故は責任を追求
「Apache Log4j」にあらたな脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
Intelの24製品に「Apache Log4j」 - 23製品でパッチ提供済み
MS、「Apache Log4j」でセキュリティアドバイザリ - 8製品にアップデート
「Java 7」「同6」環境向けにも「Apache Log4j」の脆弱性修正版
米英豪など共同で「Log4j脆弱性」について注意喚起 - 産業制御機器でも対策を