Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、従来対策では防御難しい「APT」の対策手引書を公開 - 情報の「出口対策」など解説

情報処理推進機構(IPA)は、複数の攻撃を組み合わせて組織を執拗に狙うため、従来対策では防御が難しい「新しいタイプの攻撃(APT)」が発生していることから、防御方法など説明する手引書を取りまとめ、公開した。

『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド
『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた
設計・運用ガイド

同機構では、ソフトウェアの脆弱性利用し、複数の既存攻撃を組合せ、ソーシャルエンジニアリングにより特定組織を狙う攻撃について「新しいタイプの攻撃」と定義。

こうした攻撃は、「APT(Advanced Persistent Threat)」などとも呼ばれることがあり、海外では政府機関や重要インフラ、大手企業などで実際に被害が発生していることから、同機構主催の「脅威と対策研究会」が対策方法について「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」として取りまとめた。

同資料では、従来対策で防御できないしくみや、知的財産や個人情報などを流出させないための「出口対策」などを紹介。経営層、対策プロジェクトの管理者、設計者など対象者を分け、攻撃の内容や考え方、対策方法など解説している。

(Security NEXT - 2011/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも