Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

64ビット版Windowsを狙ったルーとキットが増加 - Dr.Webレポート

Doctor Web Pacificは、5月に同社製品が検知したウイルスの状況を取りまとめた。Mac OSを狙った偽セキュリティ対策ソフトや、64ビット版Windowsを狙ったルートキットの活動が目立っている。

同社のランキングによれば、5月にメールトラフィック内で検出されたウイルスの1位は全体の10.8%を占めた「Exploit.Cpllnk」。PC上で検出されたウイルスの1位は「JS.Click.218」で、46.25%と全体の半数近くに上っているという。

5月には、64ビット版Windowsを狙ったルートキットが多数確認された。なかでも「Trojan.Necurs」は32ビットおよび64ビットに対応するルートキットドライバを備え、アンチウイルスソフトの起動を妨害する機能を持つ。

また「Maxplus」の新しい亜種で、64ビットのシステム上で動作する「BackDoor.Maxplus.13」なども確認された。

(Security NEXT - 2011/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差