Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

YouTube管理者を装うスパムメールに注意

G Data Softwareによれば、送信元として動画サイト「YouTube」の管理者を装うスパムメールが発生しているという。

問題のスパムは、本文中のリンクから医薬品販売サイトへ誘導する手口。英文によるスパムにとどまっており日本語で記載されたものは発見されていない。

これまでも「Twitter」の管理者を装うケースなどが確認されている。利用経験がなくても、有名サイトを装ったメールでは、受信者が確認のためにリンクをクリックすることがあり、こうした心理につけ込んだ攻撃だとG Dataでは分析している。

さらに同社は、スパムをきっかけにアクセスしたサイトで個人輸入を行ってしまった場合も、危険があると指摘する。

法律への準拠や製品の安全性などもちろん、個人情報の盗難やスパムの増加、マルウェアへの感染、クレジットカードの不正利用といったセキュリティ上のリスクが存在しているとして、同社はスパムを利用した医薬品販売に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に