Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

YouTube管理者を装うスパムメールに注意

G Data Softwareによれば、送信元として動画サイト「YouTube」の管理者を装うスパムメールが発生しているという。

問題のスパムは、本文中のリンクから医薬品販売サイトへ誘導する手口。英文によるスパムにとどまっており日本語で記載されたものは発見されていない。

これまでも「Twitter」の管理者を装うケースなどが確認されている。利用経験がなくても、有名サイトを装ったメールでは、受信者が確認のためにリンクをクリックすることがあり、こうした心理につけ込んだ攻撃だとG Dataでは分析している。

さらに同社は、スパムをきっかけにアクセスしたサイトで個人輸入を行ってしまった場合も、危険があると指摘する。

法律への準拠や製品の安全性などもちろん、個人情報の盗難やスパムの増加、マルウェアへの感染、クレジットカードの不正利用といったセキュリティ上のリスクが存在しているとして、同社はスパムを利用した医薬品販売に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず