Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テックブルー、不正プログラムの実行を防止する「IA」を発売

テックブルージャパンは、米Secure Cyber Systems製セキュリティ対策ソリューション「IA(Immune Architecture)」の販売を開始した。

同製品は、Windows向けアプリケーションに独自の認証IDを付与し、実行を制御するセキュリティ対策製品。アプリケーションのほか、サービスやドライバなどすべてのプロセスを監視し、管理者が事前に認証していないプログラムの実行を防止する。

またネットワーク内のパケットを監視し、未認証のコネクションを特定して終了できるほか、USBメモリなど外部デバイスの操作を監視、制御することが可能。

(Security NEXT - 2011/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye