Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス

サイバーディフェンス研究所は、OTシステムにおける通信の解析や攻撃手法を学ぶハンズオントレーニングを提供開始する。

「OTシステムハッキング|独自プロトコル解析とサイバー攻撃の実践」は、OTシステムに対する実践的なサイバー攻撃手法を体験しながら学ぶトレーニングコース。

重要インフラ分野のシステム担当者やインシデントレスポンス担当者、OTシステムの開発者、警察や防衛関連組織の職員などへの提供を想定している。

トレーニングでは、攻撃者の視点や発想、技術などを踏まえ、想定される攻撃のシナリオにくわえて、OT独自のプロトコル技術やツールを用いたパケットの取得、解析、改ざん、生成方法など学ぶ。また学習用模擬制御システムへの攻撃体験をオプションの追加カリキュラムとして用意している。

2022年3月までは、問い合わせをした組織向けのプライベート開催のみ提供し、4月以降は一般開催を予定している。価格は1名あたり20万9000円(税込)。

(Security NEXT - 2021/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade