Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放

マイクロソフトは、インシデント対応などを支援する取り組みとして、クラウドサービスにおける広範なログデータをすべての顧客向けに提供する方針を明らかにした。

インシデントの調査にあたり、重要な役割を果たすクラウドサービスのログデータについて、提供範囲を拡大するもの。グローバルで今後数カ月以内に提供する方針。

具体的には、従来上位のサブスクリプション契約でのみ利用が可能だった「Microsoft Purview Audit」のプレミアムについて、一部機能を「Microsoft Business Basic」や「Microsoft 365 Apps for Business」などでも利用できる標準サービスとして展開する。

30種類を超えるログデータについて、可視化、分析が可能となり、セキュリティイベントの検知やフォレンジック、コンプライアンス監査などに利用できる。デフォルトのログ保存期間も90日から180日に延長するという。

上位サービス「プレミアム」の利用者に対しては、引き続きすべての監査ログイベントへのアクセスを提供。デフォルトでより長いログの保持期間を提供するほか、よりログを活用するためのツールを提供する。

(Security NEXT - 2023/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市