Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、同社UTMシリーズ「Firebox」の新モデル「M690」「M590」を「M390」「M290」を発表した。

今回あらたにラインナップへ追加したのは、中小企業を対象としたMシリーズの新モデル。ファイアウォール、マルウェア対策、不正侵入対策、迷惑メール対策、ウェブフィルタリングなどのセキュリティ機能を利用できる。

従来製品よりパフォーマンスを向上させ、暗号化トラフィックに対応。すべてのモデルで拡張ベイを備え、ネットワークモジュールを追加できる。またWatchGuard Cloudにより、クラウドより導入設定が行えるほか、監視、レポートの参照、デバイス管理などに対応している。

今回投入したモデルにおいて最上位モデルにあたる「M690」では、ファイアウォール利用時のスループットが最大29.7Gbps、HTTPトラフィックにおいてマルウェア対策、IPS、アプリケーション制御を有効化した場合に4.6Gbpsのスループットを実現した。「HTTPSコンテンツインスペクション」利用時も2.9Gbpsの速度を確保している。

(Security NEXT - 2021/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始