Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全国22の郵便局でのべ32万人の顧客情報を紛失

全国22の郵便局において、ゆうちょ銀行関連の顧客情報のべ31万8000件、および約600社の法人顧客情報などが所在不明になっている。

全国22の郵便局において、DVDやCD-R、フロッピーディスクなどに窓口端末機やATMの取引内容を記録したジャーナルを紛失していることが判明したもの。

2008年4月以降の紛失状況については、すでに調査が実施されていたが、2010年11月9日に大井緑ヶ丘郵便局で紛失が発覚したことから、全国の郵便局を対象に、2006年10月から2008年3月までの記録媒体の保管状況についても調べたところ明らかになった。

ジャーナルに記録されていた情報は、おもにゆうちょ銀行関連の情報で、個人顧客のべ31万8000人の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額など記録されている。またそのうち25万8912人については印影も含まれる。

(Security NEXT - 2011/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京