Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県

静岡県は、生活排水課の職員が個人情報含むUSBメモリを持ち出し、紛失したことを明らかにした。

同県によれば、5月2日に生活排水課の職員が自宅で業務を行うためにUSBメモリ1個を持ち出したもので、翌3日朝に自宅で紛失していることに気づいたという。

紛失したUSBメモリには、下水道業務に関わる有識者など10人分に関する氏名や住所が保存されていた。

同職員は警察と交通機関に紛失を届けた。また同県では対象となる有識者に対し、電話で説明と謝罪を行っている。

今回の問題を受け、機密情報が含まれるデータを持ち出さないなどの公文書の持ち出しルールについて改めて周知し、やむを得ず持ち出す場合は、モバイルパソコンやデータ送信システムの活用などセキュリティの高い方法を用いることを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2024/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
海外子会社へのサイバー攻撃、国内サーバでも痕跡確認 - フジクラ
イベント応募フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 松竹
メール誤送信で救命サポーターのメアド流出 - 奈良市消防局
法律相談の予定表、相談者が誤って持ち帰る - 茨城県
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み