Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市

神奈川県川崎市は、宮前区役所において国民健康保険高額療養費支給申請書が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、3月支給分の国民健康保険高額療養費支給申請書404件を紛失したもの。295世帯分の情報が記載されている。

具体的には、世帯主氏名、住所、電話番号、マイナンバー、被保険者証記号および番号、振込先金融機関情報、高額療養費額、支給申請額のほか、診療を受けた被保険者の氏名、生年月日、医療機関、実日数、一部負担金の額などが含まれる。

本来であれば、申請書は決裁後に月ごとのファイルに移し替えて保管することとなっているが、これらファイルを綴らず、担当者が自身の足元に箱に入れて保管していた。

4月8日に申請書が見当たらないことに気づき、周辺を探索するも発見できず、同月22日に上長へ報告した。

(Security NEXT - 2024/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
海外子会社へのサイバー攻撃、国内サーバでも痕跡確認 - フジクラ
イベント応募フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 松竹
メール誤送信で救命サポーターのメアド流出 - 奈良市消防局
法律相談の予定表、相談者が誤って持ち帰る - 茨城県
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正