Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「Stuxnet」の解析レポートを発表 - 「4800の関数備え、非常に多機能」

情報処理推進機構(IPA)は、インフラなどを攻撃対象としたマルウェア「Stuxnet」について分析調査を実施し、レポートとして取りまとめた。

今回解析された「Stuxnet」は、5種類のファイルで構成されており、脆弱性「CVE-2010-2568」を悪用。外部サーバとの通信、システムへの侵入、攻撃、隠ぺいなどを実施する機能が盛り込まれていた。

複数コンポーネントで構成され、4800と非常に多数の関数を持っていたほか、環境に依存する部分も多く、通信先サーバが閉鎖されているなど、解析が難しい面も多かったという。

同機構では、なかでも通信がウェブ閲覧などに用いられる「80番ポート」を利用している点に注目。

(Security NEXT - 2011/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開