Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、制御システムのセキュリティアセスメントツールを提供開始

JPCERTコーディネーションセンターは、制御システムの開発や運営に携わる関係者向けに、セキュリティ簡易アセスメントツール「SCADA Self Assessment Tool」の提供を開始した。

同ツールは、制御システムに関して約100件の設問へ回答することで、構成や運用におけるセキュリティ上の問題点を把握することに利用できるツール。Excel上で動作する。

イギリスの政府機関であるCPNIが開発した「SSAT」について日本語化し、国内の利用を踏まえてチューニングを行ったという。同センターが公開している「グッド・プラクティス・ガイド」と併用することで、より理解を深めることができるとしている。

利用を希望する場合は、同センターの担当窓口へ必要事項を記載の上、メールで申し込むことにより無償で入手することができる。

(Security NEXT - 2011/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
日立システムズ、「SHIELD統合SOC」を開設
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加