Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、制御システムのセキュリティアセスメントツールを提供開始

JPCERTコーディネーションセンターは、制御システムの開発や運営に携わる関係者向けに、セキュリティ簡易アセスメントツール「SCADA Self Assessment Tool」の提供を開始した。

同ツールは、制御システムに関して約100件の設問へ回答することで、構成や運用におけるセキュリティ上の問題点を把握することに利用できるツール。Excel上で動作する。

イギリスの政府機関であるCPNIが開発した「SSAT」について日本語化し、国内の利用を踏まえてチューニングを行ったという。同センターが公開している「グッド・プラクティス・ガイド」と併用することで、より理解を深めることができるとしている。

利用を希望する場合は、同センターの担当窓口へ必要事項を記載の上、メールで申し込むことにより無償で入手することができる。

(Security NEXT - 2011/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
横河電機の制御システムに脆弱性 - 一部は要マイグレーション
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
オムロンの制御システム向けソフト「CX-Supervisor」に7件の脆弱性
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ