Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの5通に1通は米国から発信 - 日本はランキング33位

ソフォスは、2010年第4四半期におけるスパム送信国のランキングを取りまとめた。ワースト国は、前四半期と変わらず米国だった。

レポートによれば、米国がスパム全体の18.83%を占め、続く2位のインド(6.88%)、3位のブラジル(5.04%)と大きく差をつけている。日本は0.67%と低レベルで33位だった。

ランキングの顔ぶれに変化はないが、スパムの悪質化が進んでいるという。商品広告だけでなく、マルウェアの拡散や個人情報の詐取を目的としたスパムが増加傾向にあると同社では分析している。

また、「Facebook」や「Twitter」などソーシャルネットワークの悪用や、標的型攻撃のメール攻撃も強まっている。

(Security NEXT - 2011/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る