Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」関連事故の背景に知識や予算の不足

「WordPress」でセキュリティに関する被害や事故を経験した多くのケースで十分なセキュリティ対策が行われていなかった。ノウハウや予算不足などが影響している。

1月21日から23日にかけて、ロードマップがWordPress利用時にセキュリティに関する被害や事故に遭遇した経営者や担当者を対象にインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。105人が回答した。

経験した被害や事故について尋ねたところ、「サイトや管理画面にアクセスできなくなった」が38.1%でもっとも多く、「改ざんされた(28.6%)」「コメントスパムが投稿された(22.9%)」が続く。

被害や事故が生じた際にセキュリティ対策を「かなり行っていた」とする回答者は22.9%。「やや行っていた(31.4%)」をあわせると半数を超える。一方、37.1%が「あまり行っていなかった」、8.6%が「ほとんど行っていなかった」と回答した。

セキュリティ対策を行っていなかった理由については、「セキュリティに関する知識がなかった」が62.5%で最多。「大手CMSなので大丈夫だと思っていた(37.5%)」「相談できる相手がいなかった(29.2%)」「大きな費用が割けなかった(20.8%)」が続いている。

セキュリティ対策を行っていたとの回答者に、実施していたとする対策を聞いたところ、「サーバ構成を見直した、あたらしいサーバに移設した」が59.6%、「セキュリティ対策プラグインを導入した」が45.6%、「監視ツール、サービスを導入した」が43.9%だった。

(Security NEXT - 2022/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も