Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き

Cylanceは2018年におけるマルウェアの検知状況を取りまとめた。マルウェアは全般に増加傾向が見られたものの、ランサムウェアは減少したという。

20190425_cy_001.jpg
記者説明会に登壇した本城氏

同調査は、同社のエンドポイント製品を導入している端末で検知されたマルウェアの動向を取りまとめたもの。

2019年は、マルウェアの検知数が前年から10%増加した。特に仮想通貨をマイニングするマルウェアが検知された企業は47%増と目立った動きを見せたという。

一方、2017年に活発な動きが観測されたランサムウェアに関しては26%減と前年から改善した。活発だったランサムウェアとして、同社は「GandCrab」を挙げている。

同ランサムウェアは「RaaS(Ransomware as a Service)」として展開されており、同社脅威解析チームの本城信輔氏は、「2018年に5種類のメジャーバージョンがリリースされ、国内でも多く検知された」と説明した。

(Security NEXT - 2019/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート