Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、約170万件の不正アプリ停止 - 20億ドル超の不正クレカ取引を阻止

米Appleは、2022年に同社アプリストア「App Store」において不正クレジットカードなどによる20億ドル超の不正取引を阻止したことを明らかにした。170万件近い不正アプリの登録をブロックしたという。

「App Store」は2008年にオープン。現在はグローバルにおいて1週間あたり平均6億5000万人以上が訪問。195以上の決済方法に対応しており、登録開発者は3600万を超えている。同社では、2022年における同ストアの不正対策状況について取りまとめ、発表した。

2022年に不正利用や悪用であると判断した2億8200万のユーザーアカウントを停止。不正な新規アカウントの作成についても1億9800万件を作成前にブロックした。

また同年に390万件近くの盗難クレジットカードが使用されることを阻止し、関与した71万4000件の不正アカウントを凍結。未然に阻止した不正取引の金額は約20億9000万ドルにのぼると試算している。

一方、不正な開発者やアプリの登録状況を見ると、詐欺や不正行為を理由に約42万8000件の開発者アカウントをブロック。あらたな対策を導入したことで前年の80万2000件超からは半減した。また不正の疑いがあるとして約10万5000件の「Apple Developer Program」の登録を却下している。

(Security NEXT - 2023/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意