Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も

2020年に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられた「ウイルス届け出」は、前年比73.4%増となる449件だった。62件で実被害があり、「Emotet」やランサムウェアの被害が含まれる。

同機構によれば、2020年に寄せられたウイルス届け出は449件。前年の259件から73.4%増となった。

そのうち感染被害があった届け出は62件。「Emotet」の感染被害に関する届け出が39件、ランサムウェアの感染被害に関する届け出が11件だった。

ウイルス届け出を月別に見ると、9月がもっとも多く70件の届け出があった。感染被害の届け出も同月が最多で19件となっている。

同年のウイルス検出数は、97万9439件で、前年の74万6206件から31.3%増加した。月別では9月がもっとも多く、21万829件だった。

20210226_ip_001.jpg
ウイルス届け出の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加