Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も

2020年に情報処理推進機構(IPA)へ寄せられた「ウイルス届け出」は、前年比73.4%増となる449件だった。62件で実被害があり、「Emotet」やランサムウェアの被害が含まれる。

同機構によれば、2020年に寄せられたウイルス届け出は449件。前年の259件から73.4%増となった。

そのうち感染被害があった届け出は62件。「Emotet」の感染被害に関する届け出が39件、ランサムウェアの感染被害に関する届け出が11件だった。

ウイルス届け出を月別に見ると、9月がもっとも多く70件の届け出があった。感染被害の届け出も同月が最多で19件となっている。

同年のウイルス検出数は、97万9439件で、前年の74万6206件から31.3%増加した。月別では9月がもっとも多く、21万829件だった。

20210226_ip_001.jpg
ウイルス届け出の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を