Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡

Kasperskyは、2018年にワールドワイドで同社が調査依頼を受けたインシデントの動向を取りまとめた。ランサムウェアをはじめ、実際に被害が表面化してから調査依頼を受けたものが5割超を占めている。

同社によると、インシデント調査の依頼は、ロシアや旧ソ連地域の国家で構成されるCIS地域が48%を占めており、南米が19%、ヨーロッパが16%で続いた。

さらに中東が6%、米国、アジア太平洋地域、アフリカがそれぞれ3%となっている。調査を実施したおもな業種を見ると、33%が金融機関で、30%が行政機関、22%が製造業だった。

同社によれば、同社が調査を行った44%は、ネットワーク内で疑わしい活動やファイルを発見するなど初期段階に依頼されていた。

一方、約56%については、ランサムウェアによる暗号化、不正送金の発生、DoS攻撃など、実際に被害が確認されたあとに依頼されたものだったという。

20191004_ka_001.jpg
調査内容の内訳(グラフ:Kaspersky)

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意