Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション発信元は半数が中国、日本も3位に

マカフィーは、2009年第4四半期におけるセキュリティの脅威について取りまとめ、発表した。

同社によると、同四半期のスパム数は第3四半期に比べて24%減少し、スパムの平均発信数は約1355億通/日だった。ただし前年同期比では35%増で一時的な減少に過ぎないとし、予断を許さない状況だという。発信国としては米国が以前から同様トップでブラジルとインドが続いた。

またボットネットの拡大で中国が世界でトップになったという。第4四半期を見ると、米国は前期の13.1%から9.5%へ減少し2位となり、トップは12%の中国だった。3位以下はブラジル、ロシア、ドイツと続いている。

100215ma2.jpg

同四半期のSQLインジェクション攻撃は、中国からの攻撃が突出しており54.4%を占めた。24.3%で2位の米国とあわせて約8割に及ぶ。2.5%と大きく差が開いているものの、日本も3位と続いている。

100215ma1.jpg

(Security NEXT - 2010/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し