Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩やアップデート機能を備えたモバイル端末狙うワーム - Dr.Webレポート

ネットフォレストは、Doctor Webが7月に観測したウイルスなどの傾向について発表した。脆弱性を狙う攻撃の急増を伝えている。

レポートでは、7月に判明したWindowsやソフトウェアの脆弱性を標的とした不正コードの増加を指摘。5月から6月にかけて迎えたピークは越えた「JS.Gumblar」が引き続き蔓延しており、ロシア国内では、感染サイトが5%から10%の間で推移するなど予断を許さない常用が続いているという。

さらに2004年に感染拡大が発生した「Win32.HLLM.MyDoom」の亜種が7月中旬に急増。数万単位の感染PCが発生。米国や韓国などを攻撃したことも報告している。

携帯電話向けOSである「Symbian S60 3rd」も標的となっている。同社の調べでは、同OSを狙ったワーム「Symbian.Worm.1」は、感染するとウェブサイトからデータをダウンロードしたり、アドレス帳のデータを利用して不正サイトへのアクセスを促すSMSを送信し、感染を拡大するなど悪質だという。

個人情報漏洩を外部へ送ったり、自身のアップデート機能を備えているなど、Dr.Webでは「モバイルボットネット」と表現。また破棄されているが、マルウェアのインストーラにSymbian Signedポータルのデジタル署名があったという。

同社がまとめたウイルスの検出状況は以下のとおり。

メールサーバ上の検出ウイルス

Win32.HLLM.Netsky.35328
Win32.HLLM.Beagle
Trojan.DownLoad.36339
Trojan.PWS.Panda.122
Win32.HLLM.MyDoom.based
Trojan.Botnetlog.9
Win32.HLLM.MyDoom.33808
Trojan.MulDrop.19648
Win32.HLLM.MyDoom.44
Win32.HLLM.Netsky

ユーザーPC上の検出ウイルス

Trojan.DownLoad.36339
Win32.HLLM.Beagle
Trojan.WinSpy.176
Win32.Virut.14
Win32.HLLW.Gavir.ini
Win32.HLLM.Netsky.35328
Trojan.WinSpy.180
Win32.HLLM.MyDoom.49
Trojan.MulDrop.16727
Trojan.PWS.Panda.122

(Security NEXT - 2009/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移