Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約8億IPから有害情報が発信 - トレンドマイクロのスパムマップ配信国ランキング

トレンドマイクロは、5月のスパムマップ配信国ランキングを発表した。スパムの発信は、4月から1.35倍に増加したという。

前回トップの米国が順位を下げ、今月はブラジルが首位に躍り出た。そのほかは大きな順位の変動はなかった。ただし、同社が「有害送信元IP」をまとめたところ、5月は先月から約1.35倍増となり、約8億のIPから有害情報が送信されていたという。

こうした攻撃のなかには、「新型インフルエンザ」の便乗攻撃をはじめ、「母の日ギフト」狙いのスパムもあり、偽ブランド品を勧める内容も確認されている。また、SNSサイトの案内メールを装った手口など、国内で見られる手口が海外でも発生していた。

同社がまとめたスパム配信国のランキングは以下のとおり。

1位:ブラジル
2位:米国
3位:トルコ
4位:ロシア
5位:ポーランド
6位:インド
7位:韓国
8位:不明
9位:アルゼンチン
10位:コロンビア

(Security NEXT - 2009/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも