Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅、中小企業ではISPが提供するメール向けセキュリティ対策サービスの活用進む - アリババ調査

メールのウイルス対策サービスを利用する中堅、中小企業が、約7割に上ることがアリババの調査で判明した。

B2Bサイト「Alibaba JAPAN」を運営するアリババが、1月6日、7日の2日間にわたり従業員数250人以下の中堅、中小企業の経営者300人を対象としたインターネット調査を実施し、判明したもの。

経営する会社でインターネットを接続している288人へセキュリティ対策について尋ねたところ、メールのウイルス感染チェックや削除サービスを利用しているとの回答が68.3%でトップ。ウイルス対策ソフトの導入サービスを活用する企業も60.6%と多かった。迷惑メールのフィルタリングサービスも51.9%で半数を超えている。

上位3サービスは50%を越える利用率だが、4位以下はいずれも20%を下回った。ウェブサイトのフィルタリングサービスは19.2%。メールサーバのバックアップサービス(13.5%)、サーバ監視サービス(12.5%)。メールやファイルの暗号化サービス(9.6%)が続いた。

また今回の調査では、パソコンの普及率なども明らかになっている。「社員1人につき1台以上」を利用する企業が5割以上となった。さらにパソコンにインストールされているOSを尋ねたところ、「Windows XP」が80.6%と大半を占めた。次いで「Windows Vista(11.5%)」「Windows 2000(4.5%)」だった。

(Security NEXT - 2009/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
中小企業の内部不正、発覚事案の1割弱が情報漏洩
中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
改正個人情報保護法に対応済み企業は1割未満 - 「春までに対応」6割
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
ゼロデイ攻撃で対策費用が倍増 - 対応遅れもコスト増加の原因に