Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」における不用意な露出に注意 - 攻撃の糸口となることも

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」で作成された中小企業サイトの6割超において、ユーザーリストが公開されており、さらにログイン画面へアクセスできる状態となっていることがわかった。

大阪商工会議所と立命館大学が共同で2023年10月3日から11月10日にかけてアンケート形式により調査を実施したもの。大阪を中心に22都道府県の企業や団体など111組織が運営する「WordPress」で構築されたウェブサイト192件について、「WordPress」のバージョン、ユーザーリストやログイン画面の露出、プラグインの利用状況などを調べた。

サイト上から稼働する「WordPress」のバージョンを確認でき、最新バージョンを使用していなかったケースは6%。また78%において、管理者をはじめとするユーザーリストを外部より確認することができたほか、77%でログイン画面にアクセスできたという。

ユーザーリストとログイン画面の双方が露出しているサイトは66%にのぼる。使い回されたパスワードが何らかの理由で外部へ流出したり、容易に推測できるパスワードなどを用いていた場合、不正アクセスを受けるリスクが高まる。

また過去に脆弱性が公開されたことがあるプラグインを93%のサイトで利用していた。ただし、同調査ではプラグインのバージョン、脆弱性の有無については確認していないため、脆弱性が修正された最新版へアップデートなど適切に実施されていれば必ずしも危険であるとは限らない。

(Security NEXT - 2024/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施